たのマク料理家/調理師/コピーライター/二児の母

自然育児友の会会員(練馬・板橋お茶会担当)


マクロビオティック講師の軌跡


30代前半に心身のバランスを欠き、ヨガを始める。同じ頃、クリスタルヒーリング、カードリーディング、ビジョン心理学、タッチセラピー、アロマテラピー、気功をはじめとするさまざまな代替療法を経験。オーガニック食材を中心とする食事、上記のような代替療法による心身へのアプローチ、規則正しい生活に切り替え、少しずつ健康を取り戻す。


2005年、子供を出産することを想定し、マクロビオティックを始める。

2006年、妊娠中の9ヶ月間、恵比寿のクシマクロビオティックアカデミィ(KMA)に通う。妊娠、出産、子育てを通して、マクロビの面白さと必要性を実感。マクロビのマタニティや離乳食の教室、レシピ本が少ないことから、自らが講師になることを決意する。

2008年秋、クシマクロビオティックアカデミィ・リーダーシッププログラムレベル2修了(シティスタイルの第2期生)。11月より、練馬のまどれ助産院母乳相談室で、離乳食、幼児食の料理教室、お手当法、お話会を開始する。

2009年6月、夫とともに練馬区の自宅にて、マクロビの料理教室「蓮の実キッチン」をオープン。


2009年7月より、新たに個人レッスン&グループレッスンをスタート。

今秋、念願の「マタニティクラス」をスタート予定。

また、リクエストにより、ただいま「実践スタイルの基礎コース」、「スペシャル1dayクラス」などを企画中。


コピーライターの経歴


20代前半、コピーライター森田猛氏の個人事務所に入社し、経験を積む。

28歳で独立。コピーライターとして企業の広告に携わるだけでなく、企業の小冊子、文化施設の会報誌のなどの企画・編集なども手がける。

取材の仕事も多く、これまで数々の著名人(横尾忠則、蜷川幸雄、村治佳織、井上道義、壇ふみなど)・職種の方へインタビューを経験してきた。

主な仕事は、小田急百貨店の広告、丸ビルの冊子、東急文化村・パルテノン多摩の広告・会報誌の編集およびライティング、ティップネスの館内用のポスター、ワコールのWEBサイトの編集およびライティング、日本オーチスエレーベターの小冊子、am/pmのメールマガジンなど。

マクロビ講師の経験を生かし、食や暮らしまわりの分野でのライティング、エッセイなども手がけていく(お気軽にご依頼ください)。

 

松井 延子  Matsui  Nobuko  

Copyright 2009 (c) Hasunomi Kitchen, All Rights Reserved.

top.html
TOPページへ戻る top.html